全国紙管工業組合

HOMENEWS地区部会会員専用
青年部お知らせ 青年部行事予定

最新報告はこちら

2011 年(平成23年)青年部会新年会報告

pdfファイルはこちら

2011年(平成23年)青年部会新年会報告 平成23年2月11日
去る、平成23年2月11日に、茨城県北茨城市の五浦観光ホテルにて青年部会の新年会が開催されました。
 今回、日程の都合上研修会を同時開催することはできませんでしたが、宿泊場所である五浦観光ホテルの別館大観荘のお部屋が大変見事で、資料博物館の研修さながらでした。
 大観荘とは、日本画家の横山大観画伯の旧別荘に宿泊できるお部屋で、大観画伯のご愛用の品々が展示されており、お部屋の広さやその造りもさることながら景観の素晴らしさは、一幅の絵をみているようでした。
 新年会のメインともいえるお料理ですが、今が旬のあんこう鍋それも普段なかなか食することができない、「あんこうのどぶ汁」を頂きました。
 お宿の方では食事前の17時からロビーにて「あんこうの吊るし切りショー」を開催してくれ、夕食で食するあんこうへの期待が、おのずと高まる粋な演出に感心致しました。
新年会が始まり、部会長の挨拶、お宿の若女将さんの挨拶、そしていよいよ「あんこう鍋」です。
 あんこうのどぶ汁は、お宿の板前さん2名で調理して下さいました。
 あんこう鍋の調理を見るのは、部会員皆さん初めてで、板前さんの廻りを囲んで説明を聞きながら、あんこう鍋がだんだんと出来上がっていく様子を見て、期待に胸が膨らみました。
 お料理はあんこうづくしです。 あんこうは、捨てるところがないお魚だそうです。あんこうの皮、鮟肝、からあげ等々食べきれないぐらいの量でしたが、おいしさにお箸が進み完食でした。
そしていよいよメインのどぶ汁です。あまりにも美味しく、言葉に表すと薄っぺらくなりそうなので、機会があれば是非一度召し上がって頂き、この美味しさを味わってみてください。
 最後の締めはやはり雑炊。あんこうのお出汁のみの、雑炊はほっぺが落ちそうなくらい本当に本当においしく、皆さんもお代わりのあらしでした。こちらももちろんのことながら、完食致しました。
新年会の目的はやはり部会員の親睦を深め、「みんなで紙管業界を盛り上げていこう」ということで、声を大にしての「カラオケ大会」が始まりました。
 皆様それぞれ日々、お忙しいはずですのに、どこで練習なされているのかと思うぐらい、お歌がお上手なのには、びっくり致しました。
番外編ですが、一部の部会員の皆様だけ到着時間の都合上、観光をしてまいりましたので、そちらのご報告を。
まず水戸といえば「納豆」ですね。そこでタカノフーズさんの納豆博物館の見学に行きました。納豆の歴史や納豆ができるまでの工程をパネルや映像で見る事のできる施設でした。短時間で回ることができ納豆好きの方にはおすすめかもです。
 次に昨年秋に映画が公開されました「桜田門外ノ変」の映画オープンロケセット・記念展示館の一般公開をしているということで、そちらに見学にいきました。
 あの桜田門外ノ変、この新年会の日同じ雪であった為、井伊大老の暗殺が成功したとも言われているそうです。映画のセットを見学しつつ忘れかけていた歴史のお勉強もできました。映画のセットでは屋根の雪は紙(和紙の繊維?)で作られたものだったそうです。紙管もどこかでお役に立てないでしょうか??
「桜田門外ノ変」の事を書きましたが、皆様は毎日お忙しくなさっていらっしゃるはずですのに、カラオケをされている時も、お食事をされている時も、本当にお仕事のお話が絶えず、常に紙管業界のことを考えておられ、お仕事に対する真摯なお姿が武士のように凛とされていて、本当に素敵で格好いいと思いました。
 日本に大寒波が押し寄せ、雪が降る中での新年会でしたが、寒さも不景気も吹き飛ばすぐらい、あったかい絆が深まった新年会でした。
最後となりましたが、この新年会を企画幹事して下さいました三協紙業轄イ方社長はじめ、 青年部会の皆様、この会に参加させて頂きましたこと感謝致します。ありがとうございました。
事務局 下山 美和
ページTOPへ 

 平成22年度

 平成21年度

 平成20年度

ページTOPへ 

1-16-16 MORINOMIYA-CHUO,CHUO-KU,OSAKA-CITY,0SAKA 540-0003,JAPAN
TEL:06-6945-0459 FAX:06-6946-6108
E-mail:jimukyoku@shikan.or.jp